眠れぬ夜

お腹が痛くて眠れないので、音楽を聞いている。

今かかっているのは Herbie Hancock / Both Sides Now 。River というアルバムの収録曲でかっこいい。


スポンサーサイト

お腹が…

すごくお腹が痛くて壊れとる。
今日は肉をすき焼き風で食ったのだが、生卵に当たったのだろうか…
微熱っぽいのは、あるいはインフルエンザか?…

なんでこんな変な設定にするかなー。しかもマニュアルに書いてないし。

今使っているブロードバンドルータはWZR-HP-AG300Hである。
この品物は価格.comでも上位機種(と型番上思われる)G450Hよりも評価が高いし、ヨドバシカメラ梅田でも売れ筋1位にランクされていた。まあ、バッファローのステマかもしれないが。

ところでこのルーターは、ルータモードONもしくはAUTOの時の IP アドレス初期値が 192.168.11.1 なのだが、ルータモードを OFF にすると(ブリッジモードにすると)、勝手にIPアドレスが 192.168.11.100 に切り替わってしまうのである。

先日これでものすごくハマった。たしかに別のアドレスに設定したはずなのに、応答がなくなったのである。

Google で検索して、このページを見つけて事無きを得たが、標準添付されてるペラペラのマニュアルに一切書いてないとかどうなってんだよ。

映画「素顔のままで」を見た

醜悪の一言で、救いがなく見ていて悲しくなった。

映画「富江vs富江」を見た

抑揚のないだるーい映画。はっきり言って、見て損するタイプの映画。
あびる優は、演技はさておき、かわいかった。

ついに新居浜駅で5489サービスが!

いつの間にか、新居浜駅に5489(ごよやく)サービスが使える自販機が設置されたのである。

これで、ネットで予約した切符を無人で購入できるのである。

窓口にアホみたいに並んでる連中を尻目に買えるのである。

みどりの券売機@新居浜

みんなで「JRおでかけネット」を使おう。

ほんと迷惑だよな

新幹線での話。

通路側に座った男が、網棚に荷物をおかずに、通路に置いているのである。

こんなところに荷物をおいたらワゴン販売の人が困るのである。まあ、基本ワゴン販売は嫌いだが、ワゴン販売のお姉さんに迷惑をかけるやつはもっと嫌いだ。踏まれて潰れろ。

迷惑な荷物

月と金星と木星

帰り道、見上げた空には三つ星が並んでいた。

上から順番に、金星、月、木星だそうである。

金星 月 木星

YouTubeの空耳動画がわらける

おかしすぎて笑いが止まらん。「バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件」
映像にまめに字幕まで付けてすごいな。

映画「クライム&ダイヤモンド」を見た

「なんじゃこの『パルプ・フィクション』のパチもんみたいな映画は」と最初思ったら全然違っていて、実にテンポのいい楽しい映画だった。物語を構築しているのか破壊しているのかわからないティム・アレンの役回りが楽しい。終わり方も素敵。

シャボン玉飛んだ...

2ちゃんねるのコピペ。いや笑った。

566 名無しさん@十周年 2010/07/16(金) 15:49:21 ID:4oysy8sJO
「シャボン玉飛んだ。屋根まで飛んだ」
という歌があるが、屋根まで飛んだというのは
シャボン玉が屋根の高さまで飛んだのか
シャボン玉と一緒に屋根も吹っ飛んでったのかで
乱闘寸前にまでなったことがあるよ。

マイルス・デイビス / ラウンド・アバウト・ミッドナイト

モダンジャズといえばこの人。マイルス・デイビスのラウンド・アバウト・ミッドナイト。これもオーソドックスなラウンド・ミッドナイトではないけど、非常にクールな演奏。

セロニアス・モンク / ラウンド・ミッドナイト

これを才能と言ってイイのか、ミスタッチと言ってイイのか、味わいと言ってイイのか好みの分かれるところかと思うが、すばらしいとしか言いようがない誰にも真似できない演奏。

純愛ラプソディ / 山下達郎

竹内まりやのトーンを落として再生すると、山下達郎とそっくりになるという話。
唱法はだいぶ山下達郎のチェック入ってるんだろうな。バックコーラスも当然山下達郎だし。

映画「マネーボール」を見た

「プロ野球」って言うのは「純粋なスポーツ」というものからは一線離れた、「大人がやる、金のかかってるシビアな仕事」なんだなという現実を感じさせてくれた。どんな世界にも新規のアイデアに否定的な頭の硬い連中というのはいるもので、これまた現実を思い出してイライラさせられる。

大阪府市統合本部、関電の原発再稼働に否定的な考え

大阪府市統合本部が、関電の原子力発電施設を視察の結果、現時点では再稼働に否定的な考えらしい。

面白くなってきやがったーと、大阪人というのはこういう時におもしろがってしまうのがよくない癖だと思うが、「オモロイからエエやんけ」と、横山ノックを府知事にしてしまう県民性なので仕方ないかもしれない。

原発に関しては、唯一の被爆国にして地震大国の日本にあっては、そもそもよく思ってなかった人が多かったところに持ってきて、東電の一件で、ゼロ/100議論になってしまい、もう「原発許すまじ」的な世論になってしまったのが日本人特有の極端な考えだなとは思うけど、これはしかたないよなあ。もともと日本みたいな狭い国に向いてないよな、この発電方式。

ただ問題なのは、原発って止めてるだけだと依然として燃料は保有しているわけで、ここに東日本大震災級の地震と津波がやってきたらまた似たようなことになるのである。だから、すぐに廃炉に向けて作業ができないのなら、動いてても止まってても、どっちみち危険なことに変わりはないので、ちょっとでも発電したほうがいいんだけど、このヒステリックな感じだと許されないよね。

工学部の原子力関係学科の人たちもとんだとばっちりだよなあ。東芝も手のひら返しで自然エネルギーの東芝とか連呼してるしな。

日本みたいに資源のない国はせめて原発でもって石油依存を減らそうってことだったのに、なにもかもなしくずしにした東電の対応は罪深いなと思う。

「新しいiPad」の、どのモデルを買うか?

「新しい iPad」には、

・WiFiオンリーか、WiFi+4Gかの二択
・メモリは16GBか32GBか64GBかの三択

で、合計六つのモデルがある。今回私はWiFi64GBモデルを購入した。

初代iPadを買ったとき、私は WiFi+3G 回線の32GBモデルを買った。そして、必要なときだけ通信契約を購入するプリペイド契約にしたのである。しかし、結局の所プリペイド契約はほとんど使わなかった。
iPad で読むようなコンテンツはたいていの場合、どこか座れる場所で WiFi を使って仕込んでおいて後で読めたし、マップやメールなんかは iPhone でほとんど間に合ったからだ。
それに、iPadの地図見ながらあるくなんてこともなかった。

だから結局 iPad には WiFi モデルだけで十分という結論に達したのだ。

そして、メモリサイズだが、初代の時はiPhoneと同じ32GBモデルにした。しかし今回64GBを購入したのは映画のDVDをリッピングして取り込もうと思ったからで、「大は小を兼ねる」

「新しいiPad」を買った話

「新しいiPad」を買った話。

「新しいiPad」発売日のヨドバシ梅田前

ヨドバシ梅田前交差点

ヨドバシ梅田前交差点

ここのでかい交差点、ビルに迫力があって好きだ。
しかし、どうも写真の下余白を大きく取りすぎるクセがあってダメだな。

映画「ジャンパー」を見た

単純に楽しめる娯楽映画。ただ、日本のパートだけ映像が著しく低品質なのは何故だ?
あと、ダイアン・レインは無駄遣いだよなあ。

映画「JUNO」を見た

セリフや選曲にかなり凝ってるのは分かるのだが、凝りすぎていてちょっと疲れてしまった。出産や養子に関する欧米との文化の違いについては改めて驚かされた。

絵に書いたような裏町

未だにこんな風景あるんだなあ。

絵に描いたみたいなホテル街

地下鉄

トンネルの深淵って、なんか惹かれるよな...

トンネルの向こう

フランス落し

こういうのを「フランス落し」と言うらしい。

フランス落し

LX5 でケーブルレリーズを使えるようにする

2ちゃんねるのデジカメ版で紹介されていたリチャード・フラニエックのケーブルリリースアダプター。Panasonic の LX3/LX5 でケーブルレリーズを使えるようにするカスタムパーツである。

リチャード フラニエック LX3/LX5/D-Lux5/D-Lux4用 ケーブルリリースアダプター

ちいさなパーツをホットシューにマウントすると、ちょうどシャッターボタンの真上にケーブルレリーズをセットできる穴ができるのである。

これを装着してしまうとフラッシュが付けられなくなるのが少々残念だ。

しかし、デザイン優先なのはわかるが、デジカメのシャッターはケーブルレリーズあるいは有線リモコンを付けられるようにしてほしいものだ。

岩松了

岩松了、というと、なんだかニタニタしたメガネの怪人というイメージが強い。

岩松了の最近のイメージ

しかし実際は結構整った男前だったりする。(1991年の映画「無能の人」のヒトコマ。モッくんもカメオ出演)

昔の岩松了

映画「荒川アンダーザブリッジ」を見逃してしまった

見よう見ようと思っているうちに上映が終わってしまった...

映画「エアポート75」を見た

いくら着陸前とは言え、セスナがB-747のコクピットにぶち当たるとかありえねー。さらに、対地速度300km/hくらいでそのまま飛び続けるとか、その飛行機にヘリから乗り移るとか...サンダーバードでもこんなアホみたいな作戦はしないと思う。

映画「バレット・モンク」を見た

チョウ・ユンファがとなりの気のいいおっさんみたいで笑えた。ちょっと劇団ひとりにも似てるかな?映画と全然関係ない感想ばかり浮かんでくる...

「ドラゴン・タトゥーの女」関連

映画「ドラゴン・タトゥーの女」のオープニング:



かっこいいねー。曲はレッド・ツェッペリンの "Immigrant Song" (移民の歌) だとか。"あああ〜" の所はよく聞くけど、ツェッペリンだとは思わなかった。

エンディングは How to destroy angels の "Is your love strong enough":



元々はブライアン・フェリーの歌らしいが、"Is your love strong enough?" という繰り返しは、幼少期のひどい体験からコミュ障に陥った「ドラゴン・タトゥーの女」リスベット(ルーニー・マーラー)がミカイル(ダニエル・クレイグ)に抱く感情をうまく表現している見事な選曲だと思う。

"Is you love strong enough?" は直訳すると "あなたの愛は十分強いの?"ってことだけど、ニュアンス的には 「あなたを信じていいの?あなたにすがっていいの?」みたいな感じだと思う。

Just one step at a time
And closer to destiny
I knew at a glance
There'd always be a chance for me
With someone I could live for
Nowhere I would rather be

Is your love strong enough
Like a rock in the sea
Am I asking too much
Is your love strong enough?

Just one beat of your heart
And stranger than fantasy
I knew from the start
It had to be the place for me
Someone that I would die for
There's no way I could ever leave

Is your love strong enough
Like a rock in the sea
Am I asking too much
Is your love strong enough?
プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR