映画「インシテミル」を見た

小鼻をふくらませてプルプル震える藤原竜也。それだけが印象の全て。
スポンサーサイト

映画「赤ちょうちん」を見た

秋吉久美子の「だらしない若さ」というのか「若い、だらしない身体」が横溢している。だが、全編よくわからない作劇であった。

映画「張り込み プラス」を見た

ホンワカとしたコメディで、最後まで安心して見た。

映画「ダイ・ハード ラストデイ」を見た

画面内でなにがどのように進行しているか非常に分かりにくく、ドンパチ大音響が鳴っているにもかかわらず何度も寝てしまった。あまりの面白くなさに驚き。

映画『感染列島」を見た

「悪人」や「武士の一分」ではマトモに見えた主演ふたりが大根過ぎてびっくりした。妻夫木なんかトヨタのCMに出てくるのび太みたいだ。それにしても、何でもかんでも泣きに持って行こうとするのはテレビ局製作の映画の悪い癖だと思う。あと、要所要所にお笑いを配置するのは必然性があってのことか?

映画「みなさん、さようなら」を見た

愛するものが徐々に朽ちてゆく切なさが描かれて良作。
濱田、波瑠の子供演技はなかなかすごい。
田中一派の悪役ぶりは、ちょっと強引でちぐはぐな印象。

聞き流すだけで英語が話せるなんて「そんなのウソだ!」

聞き流すだけで英語が話せるなんて「そんなのウソだ!」と思っていました!
by 『スピードラーニング』体験者


はい。本当にウソです。
聞き流すだけで英語が話せるようになんかなったりしません。

民主党と言えば

これだけは本当に許せなかった…

moblog_06ccbf1a.jpg

結構怖かった体験

先日、地下鉄に乗るためホームを歩いていると、異様な雰囲気のおばあさんが目に入った。
おばあさんとは言っても、年齢はよくわからない。
顔が白塗りだったからだ。完全な白塗りでアイラインだけはくっきりと描いているので、マスクをかぶっているかのような無表情である。
思わず目を引きつけられて視線を送ると、ちょうどおばあさんもこちらを見て目が合った。
くっきりと濃いアイラインのせいで目だけが特別浮き上がっていて、なにかすごく良くないものに取り憑かれたような気がした。
そのままホームの端っこまで移動したが、なんとも言えず不気味な雰囲気で、周りの人たちも完全におばあさんを避けていた。
最近久々に怖いなと思った。

山手線の想い出

昔、東京駅の構内にある電器店の店頭でテレビを見ていたら、定期的(30秒おきくらい)に「やまのてせん!」と叫び声を上げる若者が近くにいて、びっくりしたけど面白かったのである。
彼は今もどこかで定期的に「やまのてせん!」と叫んでいるのだろうか。

この人、東大卒です










日経 オンワード樫山の社長の、私の履歴書

のっけから自画自賛大会。
こんなオッサン相手にしないといけない社員が気の毒である。
自分でしょうもない冗談言って一人で受けてそう。

しかし、私が主に着ているスーツはここのブランド J.Press なのであった(⌒-⌒; )

映画「いぬばか」を見た

映画をなめてやがる…
プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR