今年もお世話になりました

いやー、もう行く年来る年の時間ですねー。吉高由里子はカンペ読み過ぎだったと思います。

それはともかく、今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

桃乳舎のメニューを一気に紹介

東京は日本橋小網町にある小さな洋食店「桃乳舎」。
tns001.jpg

ショーウィンドーもなかなか古さを感じさせてイイ。
tns005.jpg

中身はせまーいお店なのだが、なかなかどうして高コスパでおいしい料理を出してくれる稀有なお店である。
メニューはどれも400~600円くらいの範囲に入っていて、例外はエビフライライスの700円だ。

tns002.jpg
tns018.jpg

ここの料理に魅了された私は、メニューを片っ端から食べることにした。

まずはカレーライス470円。これは安い!
tns004.jpg

カツカレー550円。カツ入りで80円アップという安さ!
tns006.jpg

魅惑のハヤシライス470円
tns007.jpg

カツハヤシ550円も素敵
tns009.jpg

スパゲティ470円は、あまりにスパゲティしかないのでフライエッグ240円をつけたして食った。
tns010.jpg

tns011.jpg

この店の料理の魅力は、ご飯の絶妙な炊き方にもある。
tns013.jpg

ポークカツライス600円
tns014.jpg

ポークソテーライス600円からは、豚肉の焼き方を非常に学んだ。
tns015.jpg

オムレツライス500円は、オムレツそのまんまである。
tns016.jpg

ハンバーグライス500円
tns017.jpg

ハムエッグライス500円はご飯にのせて、混ぜて食べたい。
tns019.jpg

野菜サラダライス500円
tns020.jpg

エビフライライス700円
tns021.jpg

日替わりランチ500円、この日はエビフライとメンチカツ
tns022.jpg

キスフライ520円
tns023.jpg

イカフライ520円
tns024.jpg

チキンカツ520円
tns025.jpg

一口カツ520円
tns026.jpg

なすのはさみ揚げ520円
tns027.jpg

いやー、いいお店だー。自分の一番おすすめは、ポークソテーライス600円
tns015.jpg

近くに来た時は、ぜひご賞味アレー!

それはともかく、一定の色調、ピント、構図で写真を撮るというのはとても難しいことで、プロの写真家というのはすごいんだなと、改めて思ったのであった。

桃乳舎十八日目〜なすのはさみ揚げ520円也

桃乳舎欄外メニューその6にして最後のメニューはなすのはさみ揚げランチ520円だ。
揚げ物メニューの中でもなすのはさみ揚げとはなかなか異彩を放っている。なぜこれがメニューに入っているのか?
レンコンやピーマンのはさみ揚げもあってもいいのではないか?そんなことを思ってしまうが、食材を無駄にしないためには、むやみにメニューを広げない方がいいのだろうな。

tns027.jpg

いや、なかなかおいしかった。

これで桃乳舎の食事メニューは一通り食べ終えたのだが、季節メニューもあるし、メニューの裏面には喫茶メニューもあって、本当にコンプリートしたわけではない。飲み物メニューをコンプリートする気はないが、サンドイッチくらいなら食ってもいいかもしれない。

この写真を撮っていたのは2014年の8月から9月にかけてなのだが、気に入らない写真は撮り直ししたりしていたので、結構時間がかかったのである。時間はかかったが、18品目で約9千円かかっただけなので、まあまあコスパ良好といえよう。

桃乳舎十七日目〜一口カツ520円也

桃乳舎欄外メニューその5は一口カツランチ520円だ。

tns026.jpg

とんかつと同じく肉にかなり下味がついてあって、何もつけなくても結構おいしい。

桃乳舎十六日目〜チキンカツ520円也

桃乳舎欄外メニューその4はチキンカツランチ520円だ。

tns025.jpg

チキンカツは、油っぽい衣をまといつつも、あっさりした味の具合が結構好きだなー。

桃乳舎十五日目〜イカフライ520円也

桃乳舎欄外メニューその3はイカフライランチ520円だ。欄外メニューは520円通しらしい。

tns024.jpg

イカの鮮度は...うーん、まあまあかなー。

桃乳舎十四日目〜キスフライ520円也

桃乳舎欄外メニューその2は、キスフライランチ520円だ。この翌日はイカフライになるのだが、魚介ものがちょこっと入っているのも、ここのメニューの面白いところだ。

tns023.jpg

この写真、向こう側にキスのしっぽがちょこっと写っただけなので、単なる一口カツに見えてしまうな...

映画「ブリジット・ジョーンズの日記」を見た

レニー・ゼルウィガーが、結構やりたい放題なのに可愛い女性を好演。ヒュー・グラントの嘘っぽさがまたまた効いている。コリン・ファースって顔つきが王様っぽいよね。

火災予防運動のポスターの写真のひどさについて

以前にも話題にしたことがあるかと思うが、とかく安全関係のポスターの写真はひどい。写真家に問題があるのか、写真家のギャラをけちっているのか、原因がよくわからないが、よく知っているアイドルの顔がぜんぜん違って写っていたりする。

たとえば「全国火災予防運動」で画像検索してみると、次の一覧が表示される。(写真をクリックすると拡大)

kasaiyobo.jpg

テレビでよく見かける顔と、この写真の顔にあんまり違いのないのは有村架純と桜庭ななみと南明奈くらいじゃないのか?武井咲とか仲里依紗とかかなりかけ離れている。ゴーリキーは...うーん...

特に広瀬すず。「答えは雪に聞け」の時と全然ちがくね?
hirosesuzu.jpg



桃乳舎十三日目〜日替わりランチ500円也

桃乳舎の欄外メニューその1は日替わりランチだ。この日のメニューはエビフライとメンチカツ。

tns022.jpg

「一体どこにピントを合わせたのだ?」というおかしなピントに加えて、色味も変な写真が撮れてしまったのだが、現場では一発勝負なのでなかなか難しいのである。

ハンバーグやメンチカツを食べると何故か胸やけがするのだが、なぜなのだろうか。まあしかし、これが500塩で食べられるとは中々のものである。

桃乳舎十二日目〜エビフライライス700円也

桃乳舎のメニュー食べ尽くしのうち、通常メニュー最後の一品はエビフライライスである。

普通の大きさのエビフライが三尾。ふふふ。まあ、700円ならコスパ通常と言えよう。

tns021.jpg

おいしくいただきました。

映画「ゴーン・ガール」を見た

エイミーの失踪劇が完結する前半部分は秀逸。しかし、後半の展開は荒っぽく感じる。

ビデオテープや目撃証言を重ね合わせていけば、エイミーの証言には矛盾が残るし、いくらなんでも警察の取り調べがあんなに雑だとは思えないので、後半ちょっと乗り切れなかった。

こういう事態に立ち入ったときに、マスゴミや世論がどう動いて、人間とはいかに印象に左右されるかというシミュレーション劇として見ると面白いが。

桃乳舎十一日目〜野菜サラダライス500円也

日本橋は小網町の洋食店「桃乳舎」。



メニュー食べつくしも、はや終盤である。



この店に来て最初の頃から気になっていたのは「『野菜サラダライス』とはなんじゃらほい?」ということだった。

ほんとに野菜サラダみたいなのしか出てこなかったら、お昼一回食いっぱぐれみたいな感じになるわけで、大げさな言い方だが、私のような食い気の強い人間にはなかなかの冒険である。

しかし、この店の食事メニューのコンプリートにはこの料理は避けては通れない。で、頼んで出てきたのがこれ。

tns020.jpg

ハムの乗った野菜サラダである。ハムの下にはポテトサラダとマヨネーズが隠れている。
うーん、これはなんだろうね?どうしてもお昼に野菜が食べたい人が食べるのかな?うーん...悩ましい。

手羽先の素揚げをやってみた

揚げ物を食べたいが、パン粉をまぶしたり衣を付けるとカロリーが高いしなーと迷っていたのだが、ふと思いついて手羽先の素揚げをやってみた。
単にスーパーで売っている手羽先を油で揚げるだけである。

1. ペーパータオルなどで手羽先の水気を良く拭き去る(油ハネを防止)
2. 180℃に熱した油で2分間揚げる
3. 途中二回ほど裏返すが、揚げ網で空気に触れさせて水分を飛ばす
4. 一回バットに上げて4分放置する。これで中に火が通り、失敗がない
5. 180℃に熱した油で、1〜2分程度、好みの表面になるまで揚げる

出来上がったら塩や胡椒など好みの調味料で味を付けるだけだ。
非常に簡単でおいしい。
自分的にはホワイトペッパーと塩をアホみたいにまぶすのが好きだ。

friedwingtip001.jpg


桃乳舎十日目〜ハムエッグライス500円也

さて、今日の桃乳舎での食事は「ハムエッグライス」である。

tns019.jpg

以前に頼んだフライドエッグとは違って、なかなか程よい半熟具合である。

ご飯の上に乗せて食ったのであった。

フライドエッグを頼んだ時に、ソースだか醤油だかわからない入れ物を出してくれたのだが、結局中身を確かめなかったので、それが一体どっちなのかはわからなかった。

デジカフェで本気でメールのやりとりをしている男はいないとは思うが...

マジでサクラしかいないと思ったほうが良いと思うよ。

桃乳舎九日目〜ハンバーグライス500円也

東京は日本橋小網町にある洋食屋、桃乳舎。



全メニュー食べ尽くしの毎日である。



ある日ふと横の壁を見ると、ホワイトボードがぶら下がっていて、日替わりメニューと季節替わりメニューが書いてあった。

tns018.jpg

その後も観察していると、下側のホワイトボードの中身は微妙に変わっているようだ。季節にはカキフライなんかも入るのかも知れない。この店のメニューの完全な全制覇というのは難しいかもなとその時思った。

で、今日は典型的な洋食メニュー「ハンバーグライス」の登場である。大体アンタ、ハンバーグライスが500円でっせ?しかも東京の真ん中で。これはすごいと思いませんか?

tns017.jpg

やってきたのがこれ。中々のこってり具合。ムフー、これは盛り上がる!

というわけで楽しく食べたのであった。午後は少々胃もたれしたような気がしないでもないが、良く覚えていない。

花粉症の舌下療法開始

スギ花粉症の舌下療法が10月に解禁になるらしいという話は聞いていて注目していたのだが、10月になったらそのことをすっかり忘れていたのである。
で、先日別件で内科医に行ったら舌下療法ができるという事を聞いて開始することにした。花粉が飛散する1月に入ったら開始できないとのことで、このタイミングはすべりこみセーフである。

スギ花粉症のアレルゲンを舌の粘膜から徐々に取り込んで耐性をつけるという仕組みらしいのだが、開始から終了まであしかけ3年間、毎日クスリを服用しなければならないのだという。これは大変である。しかも完治するかどうかは保証の限りではないということだ。

だが、毎年3月から5月にかけて花粉症の症状もしくは花粉症のクスリの副作用でぐったりとし続けるので、それが治るとなれば試してみない手はない。なので、治療に着手することにしたのだ。

クスリの名前はシダトレン。最初の1週間で服用するのはこのボトルに入った液体だ。

cedartolen.jpg

こいつをプッシュしてベロの下にピッと薬液を仕込み、2分間保持した後飲み込むのである。その後5分間は飲食をしてはいけないし、一時間は激しい運動や飲酒をしてはいけないのである。なかなか面倒なクスリである。これから3年間、これを続けるのだ...

桃乳舎八日目〜オムレツライス500円也

桃乳舎という洋食屋のメニューにある「オムレツライス」というのはてっきり「オムライス」のことだと勘違いしていたのである。

tns002.jpg

で、「オムライス」と頼んだらお店の人が「オムレツですよ」と言ったので、ここで初めてオムライスではないことがわかったのだ。
やってきたのはこれ。本当にオムレツごはん。

tns016.jpg

黙々と美味しくいただきました。

iPhoneのブログ〜iOSのwifi接続がすごく遅い

iOS8にしてから遅くなったんだよなー、という話。

WiFi Explorerというアプリはなかなかいいよ。

wifiexplorer.jpg

映画「普通じゃない」を見た

キャメロン・ディアスが色気ムンムンで引き込まれる。しかしユアン・マクレガーがこの数年後にオビワンを演るとはなあ...

〜〜〜

ユアン・マクレガーと言えばやはりこれ!トレインスポッティング。


自公圧勝

選挙の結果、自公圧勝である。しかもこの期に及んで民主党に投票する人が結構多いらしく、みんな何を考えているのかという感じだ。

これでもう大企業よりの政策ばかり実施されて労働者はますます苦境に陥り格差が拡大し、TPPによって日本の農業は崩壊し、移民で日本のつつましい文化は破壊され、憲法は変更されて海外での交戦や徴兵が可能になって、大学進学の奨学金を返済するために軍隊に入らざるをえないなんてアメリカみたいなことになっていくわけだ。残念だ。

さて

選挙に行くか…

映画「噂のモーガン夫妻」を見た

コリー犬を思わせるサラ・ジェシカ・パーカーがどのへんに人気があるのか、私にはさっぱりわからないのだが、それはともかく映画自体は笑いありサスペンスありで楽しかった。ヒュー・グラントの嘘っぽさが光る。

映画「桐島、部活やめるってよ。」を見た

良かったわ、いろいろと。感想を下手に書いてしまうと、この映画とのかかわりが消えてしまいそうな気もするし、余りにいろいろな思いが出てきてまとまった感想にならない。非常に複雑な気持ちになる映画。

映画「愛を殺さないで」を見た

よくあるテレビドラマを豪華キャストで見た感じ。ブルース・ウィリスのだめんずぶりがひどくて、殺されても同情の余地が全くなかった。

〜〜〜

親友の夫の死にまつわる意外な真相が取り調べを経て明らかに...デミ・ムーアとブルース・ウィリスがちょっと面白い夫婦共演「愛を殺さないで」。


年収二千万円制限の付いたローストビーフに笑らける

熊本市のレストランが高級肉を使ったローストビーフを作り、購入資格として「年収二千万円以上」という制限をつけたのだと言う。



思い切った宣伝方法は耳目を集めたが、同時に反感も買い、電話やメールは、2日間で20件ほどあったが、「マイナス12個くれ」といったイタズラばかりだったそうだ。

店主の言い分がふるっていて「日本人の道徳観はこれだけ落ちたかと、不愉快でした」と漏らしているというのだが、むしろ買い手の年収制限とか言い出すほうが日本人のこころにそぐわないのではないかと思った。「貧乏人お断り」とか、めちゃめちゃヒンシュク買いそうである。

カロリーの高いものばかり作って食ってしまう

カロリーの高いものはうまい。二日続けてやらかしてしまった。

昨晩トンカツを作ってしまったのである。ジャスコで買った厚切りの安い豚肉で。冷凍して後日食べようかと二枚作ったのだが、あろうことかあるまいことか勢いで二枚目も食ってしまったのである。

cutlet01jpg.jpg

そして今朝、かねがね作りたいと思っていたクックパッドのグラタンのレシピ 「お鍋一つで♪ 簡単マカロニグラタン by mielle」を実践してみた。レシピに書いてあるとおり、フライパンで煮ている段階では食べる時のイメージには煮ずに、ゆるくとろみが付いた程度でグラタン皿に移してからオーブンで焼き始めたほうが良いと思う。私はグラタンを、かなりハードに焼くのが好きなので20分ほど焼いたが、15分で良いかと思う。

あと、レシピには書かれていないが鶏とタマネギを焼くときに胡椒を使ったほうが良さそうだ。

そして二人前作って、あまりにうまかったので二人前ぺろりと食ってしまったのである。
昼は抜くか...

Gratin001.jpg

ペヤングが店頭のみならずアマゾンからも姿を消す

しまった。ペヤングの在庫があるうちに買おうと思ったらすでに消えてた...

溝に落ちたのである

先日はしご酒の末酔っ払ってふらふら歩いていたら、溝に落ちたのである。

一人で暗い路地を歩いていたら、角をタクシーがすごい勢いで曲がってきて、「あ、危ないかも!?」とか思った直後の記憶が10秒ほどないのだが、意識が戻ったときには地面に這いつくばっていたのである。

おそらく避けた時に足を滑らせたのであろう。

左手を怪我したのだが、血がダラダラ出ていて泥まみれである。とりあえずコンビニで手を洗って泥を拭き、帰ってからタワシで泥を落として、食器の消毒用アルコールをシュバーとスプレーしたのであった。めちゃめちゃ痛かった...

その夜はズキズキと傷が痛んだのだが、痛さよりも「いい年して酔っ払って溝に落ちた」という衝撃で眠れなかったのである。「眠れぬ夜は君のせい」とかそういうロマンチックなことではなく、屈辱めいた衝撃で眠れなかったのであった...

翌日医者に行ったら破傷風のワクチンを注射されたのであった。みんなも飲み過ぎの深夜徘徊には気をつけよう。

〜〜〜

破傷風の恐怖が平和な家族を襲う...闘病映画なのにホラー映画めいた雰囲気の「震える舌」


プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR