「吉呑み」に行ってきた

吉野家が「吉呑み」というのを始めたらしい。牛皿や、ご飯に乗せる具材を中心に、安いおつまみを出して、低料金でそこそこ飲ませるサービスを始めたというのである。

前々から興味があったので行ってきた。レポートの前に、皆さんに謝らなければならないことがある。私は「けけけけけけぇ〜!日記」というのをやっている時に「もう吉野家には行かない」と宣言したのだが、相当前から実は行っているのである。けけけけけけぇ〜!大変申し訳有りません。

と、鳩山元首相並みの超高速ハイスピード禊を済ませたところで先に進みたい。

大阪出張からの帰り、もはやジャスコ(そういえば「ジャスコ不買運動」もやっていたな私は)で食材を買う気力もなく、前々から行きたかった吉呑みに行くことにした。場所は吉野家日本橋店である。入ってみると、飲み客は二階に上げているようだ。一般客と飲み客の分離、これはなかなか良いやりかただと思う。定食食ってるやつと酒飲んでるやつが一緒のフロアになったら喧嘩不可避だからだ。

二階に上がってみると、一人席と二人席が中心で、四人席は二つだけ設置されている。後から一人で入ってきて、四人席に座ろうとしたアホが「お一人様はこちらに」と、一人席に誘導されていた。一人で四人席に座るとか、店にしてみたら迷惑だろうに、本当にどうしてこういう最低限の常識もない連中が増えたのだろうか?今の日本は...

メニューを見るとなかなか微妙な価格ではあるが、瓶ビール410円は評価したい。ひどい飲み屋は瓶ビールで600円取るのである。どうやら店内は禁煙らしい。これは良い、すばらしいことだ。安い飲み屋で一番困るのが喫煙者が多いことだからだ。「安い飲み屋=喫煙者の巣窟」というのは、ほぼ定着した図式なので、会社で安い飲み屋に行くのが私はとても苦痛だ。だが、今もう一回メニューをみてみると、「〆の牛丼」が300円である。普通の牛丼が380円であることを考えると、ミニサイズの牛丼を300円とか、相当にぼったくり価格と言えよう。(しかし夜中に300円ごときの食べ物で「ぼったくり」とか書いてる50過ぎのおじさんというのも客観的に相当悲惨だな。)

ysnm001.jpg

ysnm002.jpg

イチオシメニューの牛煮込みと、鯖みそと冷奴を頼んでみた。

ysnm003.jpg

瓶ビールがアサヒスーパードライなのはなかなか立派である。鯖の味噌煮は鯖の缶詰そのものである。牛煮込みは牛スジを煮込んでいるが、表面に浮いた油と、化学調味料が胃袋を変に刺激する。これだけでは手持ちぶさたなので、「イカの軟骨の唐揚げ」を頼んでみた。

ysnm004.jpg

見た目は悪くないが、これが本日一番おいしくない食べ物であった。薄甘く下味の付いたイカ軟骨を、分厚いコロモで揚げてあって、ガリガリとしたコロモの食感に加えて、噛むとむちゅーと滲み出るアクともなんともつかないおかしな薄甘い味が滲み出て、口腔粘膜を刺激するだけではなく、喉・食道・胃袋の入り口を刺激しては裏返らせようとして攻撃を仕掛けてくる。とても気味の悪い食べ物である。これだけだとどうにも気持ち悪いので、最後に「牛吸い」というのを頼んでみた。

ysnm005.jpg

これは出てくるまでに少々時間を要した。それなりに注文が来てからだしで煮込んでいるようだ。しかし、イカ軟骨の唐揚げのインパクトは激しく、相変わらず気持ち悪い。

そういうわけで吐きそうになりながら1700円ちょっと(ちょっと飲んで1700円とか高いよな。餃子の王将で1700円食ったら相当なもんだ)のお勘定を済ませて、ほうほうの体で店を抜け出した私は、よもだそばに駆け込み、よもだ半カレー270円也を食って帰路に付いたのであった...

ysnm006.jpg

よもだそば、すばらしい店だ。と、最終的によもだそばを絶賛して終わり。
スポンサーサイト

映画「ビッグ・ガン」を見た

「クライング・フリーマン」という劇画で「花の似合う殺し屋は無敵だ」と言っていたが、アランドロンみたいに美形だと目立ちすぎて損するのではと思った。1973年にしてこのインテリアのセンスはすごく、そういえば1970年の万博の時も西欧系パビリオンのシックなデザインはかっこよかったな。

〜〜〜


ビッグ・ガン【特別版】 [DVD]

映画「旅の贈り物 明日へ」を見た

登場人物にことごとく華がなく退屈な映画。2012年作品にもかかわらずこの画質の低さはあり得ない。

映画「戦場の小さな天使たち」を見た

所詮戦勝国の映画だ。私の元上司は爆撃で6人の兄弟姉妹の死ぬところをその目で見た、私の小学校の教師は防空壕から顔を出した人の首が焼夷弾で吹っ飛ぶのを見た、私の父はグラマンの機銃掃射から逃れたトラウマから頻繁に悪夢を見ていた。この監督のように甘い思い出に浸れるのは幸せなことだ。

映画「ドルフ・ラングレン ザ・リベンジャー」を見た

そつなく面白く、苦い終わり方も良いと思う。しかし、悪の親玉が主人公をその場で射殺せず、もったいぶって別の場所で殺そうとしたり、主人公は一撃必殺の銃の腕前ながら、なぜか親玉にはなかなか当たらないなど、こういう演出から逃れられないのはなぜなのかと考えてしまう。

映画「アパリション - 悪霊」を見た

「フォース・カインド」とか「ブレアビッチ」系かと思ったら「呪怨」系でなかなか丁寧に作ってあった。マルフォイの中の人好演だが、なぜかWikipediaの出演履歴には載ってないのが不思議。

映画「ラン・オールナイト」を見た

地下鉄の列車で偶然再会、巨大マンションで偶然再会、霧の中をレーザーポインター光らせながら歩くヒットマンが、なぜかあたりを一周して主人公の前に登場など、いろいろ不思議な現象が巻き起こるが、エド・ハリスの性格設定も少々謎。

映画「ディアボロス 悪魔の扉」を見た

キリスト教を信じてる人たちにはある種インパクトがあるんだろうねー。アル・パチーノの熱演が暑苦しくうっとおしい。

こんなメールが来た

今時こんな手口で騙される奴がいるのだろうか?迷惑メールをどんどん送ってやって欲しい。


送り主: apple911@sage.ocn.ne.jp


* OCN.NE の親愛なるお客様 (es)。JP
電子メール アカウントの保守を担当テクニカル サービスは、異なる IP アドレスにあなたのメッセージへの不正アクセスを検出します。口座が次の数日で閉鎖されるリスク、メンテナンス サービスは、ログイン アクセスを確認します。という情報は提供されない、電子メールへのアクセスを永久に中断でしょう。セキュリティ上の理由から、すべての要求された情報を入力してください。
あなたのアクセスを確認するため次の情報を完了します。

ユーザー名:...............................

パスワード:...............................

電子メール アドレス:.................

パスワード:...............................

二次電子メール:........................

パスワード:...............................

生年月日:.................................

国または地域:............................

職業:.........................................

電話番号:...................................

この情報を受け取り次第、メールが不正アクセスに対して守られます。ご協力いただきありがとうございます。

メール OCN.NE。MPM

* 最高のについて *

* OCN.NE チーム。JP *。

映画「ハンガー・ゲーム2」を見た

一作目が予想外にヒットしたのか、フィリップ・シーモア・ホフマン登場。最終章へ繋ぐ承編として作られている感じがちょっと残念だが、今回もジェニファー・ローレンスが素敵。

〜〜〜

しかし、なんで日本って政府がこんだけ横暴きわめても暴動起こらないんだろ?そういうワシも立ち上がらないのが悪いのだが...

元少年Aの記事

太田出版は潰れるべき、というか潰したい。

言論の自由は常に保障されるわけではないし、それを差し止める権利もあることを常に理解しているべきだと思う。

映画「ハンガー・ゲーム」を見た

独裁国家が国民の鬱憤を解消するため娯楽としての殺し合いを提供するという話は散々使われてきたネタで、サザーランドが悪役っていうのもあまりに定型的すぎるのだが、主役のジェニファー・ローレンスがどストライクの可愛さで最高に良かった。

〜〜〜

ハンガー・ゲーム [DVD]

ごはんにシチューはおかしいのか?

先日「マツコ、有吉の怒り新党」を見ていたら、視聴者から「夫がシチューをごはんにかけるのが許せません」という怒りのメッセージが寄せられていた。

それを聞いたマツコ・デラックスが開口一番「ごはんにシチュー?白いごはんにホワイトシチューをかけるっていこと?えー、ムリムリムリムリムリムリムリムリ」と、ごはんにシチューをかけて食べる人のことを強烈にディスっていたのである。共演の元猿岩石 有吉もサガミさんも「かけない派」だったのである。最後にマツコ・デラックスが「汁物をなんでもごはんにかけて食べる人っているじゃない、ワンプレートでしょ?」などと締めくくっており、大変不快であった。

実は私もごはんにシチューをかけたことはないが、おかずとしてごはんと交互に食べるのは好きである。だから、別にシチューをごはんにかける人に違和感を持ったことはない。会社の同僚に聞いてみるとかけないという人とかけるという人がいたし、シチューの時はごはんではなくパンだという人もいた。

しかし、マツコ・デラックスの言い様に私はムカついたのである。日頃から「近所のコンビニのどん兵衛は全部私が食ってる」とか、しいたけが嫌いでその他ものすごい偏食家だとかいう話をしていたし、食べる時もいつも手皿で、しかも口を閉じずに食べているようなブーデーが、人のものの食い方にああだこうだつべこべいうことはないだろうと、カチンときたのである。

カチンときたので、やってみることにした。ごはんにシチュー。土曜日の朝早く起きてシチューを仕込み、お昼ごはんにシチューとごはんである。

まず、白ごはんにかけてみた。

wrcs001.jpg

うーん、白いごはんに白いシチューっていう色合いがあんまり好きじゃない人は、いるかもしれないね...乾燥パセリをかけているけど、それがなかったら彩りが厳しいかもしれない。でも、とてもおいしい。ビバごはんかけシチュー。

では、以前炊いたトマトごはん(ちょっと保存していたのだ)を解凍してかけてみた。

wrcs002.jpg

赤っぽいのが入ると、ちょっと見た目も違ってくるね。

最後はドリアっぽく、チーズをかけて焼いてみた。

wrcs003.jpg

こうなってくると、全く違和感ないよね。なにせごはんが見えないので。

味としては全く問題はないので、結局は見た目の好みの問題かなあ...私はアリだと思うし、かけて食べるのが好きな子供が「シチューにごはんは許せん」なんて聞くと傷ついてしまうかもしれないねと思った。

映画「めぐりあう時間たち」を見た

メリル・ストリープとジュリアン・ムーア、世界三大私の苦手な女優のうち二人が夢の共演!結構評価の高い映画なんだけど、私の頭にはストーリー入ってこず。



めぐりあう時間たち [DVD]

きゃりーぱみゅぱみゅ / もんだいガール

いやー、何度見てもいい!



特に2:56付近の、この顔がすごくいい。彼女は本当に稀代のパフォーマーだと思う。

cppm001.jpg
プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR