映画「リアル鬼ごっこ」を見た

世間的には大変評価の低い映画ではあるが、あまり深く考えずにダラーっと見ている分にはそこそこ面白かった。松本莉緒が「聖者の行進」や「モテキ(TV版)」とは打って変わって棒読みなのが驚く。監督の指導力や演出というのも俳優の演技に影響するんだなと実感。
スポンサーサイト

映画「イーオン・フラックス」を見た

映像も綺麗だしアクションも見ものなんだけど、シャーリーズ・セロンが最後までなんだか硬いのが残念。


キてる木村佳乃

木村佳乃のこの写真、遠目に見ると静電気のすごいひとにしか見えないんだよなあ…

映画「座頭市物語」を見た

強烈な雰囲気を放つ勝新太郎という俳優に視線はクギ付けになる。彼の前では痩身の役作りをした天知茂の美貌も霞んで見える。二度とこんな俳優は現れまいなと、勝新の出てくる映画を見るたびそんな感想しか出てこないような気もする。

映画は実に私が生まれる以前の1962年の作品で、もう50年以上経過しているわけだが、未だに鑑賞に耐える映像は素晴らしい。大変幼稚な感想だが、勝新が演じる座頭市が本当に目が見えてないみたいですごい。


この値段差はなんだ?

私が愛用している洗顔フォーム、ビオレ マシュマロホイップ



シェービングフォーム兼用で大変便利である。

先日、某ドラッグストアでこの詰め替え用パックを買おうと思ったら500円超えていたのである。「うわ、高(たか)!」と思ってアマゾンで値段を調べると309円で送料無料である。なんだこの値段差は...

近所のジャスコで値段を見ると397円である。
そういうわけで、値段の変遷を調べてみた。(単位:円)

 
日付価格
2015/06/16 397
2015/04/03 375
2015/01/18 397
2014/10/30 397
2014/05/14 398
2013/12/21 498


だいたい400円付近であって、店によっては500円超えるところもあるということだ。そういうわけで、これは今後アマゾンで買うことにした。

分割払い

近所のドラッグストアで、特売185円のティッシュ(320枚x5箱)をクレジットカードで払ったら、「お支払い回数は何回にしますか?」と聞かれた...

いっぺんでいいからこういうとき、「10回払いでお願いします」とか言ってみたい...

マクドナルドでハンバーガー100個買ったら「店内でお召し上がりですか?」と聞かれたなんて出来事に似ている。

政府寄りの報道ばかりになっている

7時のNHKニュースで「年金機構の情報漏えいのように、政府機関や企業を狙ったサイバー攻撃が相次いでいます」と告げていた。

あれはサイバー攻撃などという高尚なものではなく、単なる担当者のズボラ、もしくはシステムをガチガチにしすぎたために担当者が抜け道を探して落とし穴にハマっただけだ。攻撃者を部外者としてだけ考えている限り事態は改善しない、頼りない味方も敵と同じだという点を考えなければならない。

どうして最近政府の肩を持つような報道ばかりになっているのだろうか...

映画「ステキな金縛り」を見た

三谷映画はあまり好きじゃないので期待していなかったが、非常に面白かった。なにより深津絵里が徹底的に可愛く撮れていて魅力的たったのが驚き。傾向は全然違うが、小泉今日子の「怪盗ルビィ」を想い出した。心温まるお話で、とてもよかった。

こういう時に「ステキな亀甲縛り」などという大変下品なフレーズを思いついてしまう自分がわらける。

アメリカ人の感覚に違和感

オバマ大統領が提唱して始めた国民皆保険制度を、アメリカ国民は負担増として拒否しているらしい。

国民が同一価格であまねく一定レベルの医療を受けられる日本とはずいぶん感覚が違う。

安倍首相に入れ知恵をしている竹中は国民皆保険とは正反対の個別医療賛成派だったので、彼らの横暴をこのまま許せば、お金がないから最低限の医療も受けられないなんてことが実現してしまうかも知れない。前の選挙で自民党に入れた人は、次は考えて欲しいと思う。

映画「ファイナル・デッドサーキット」を見た

大作でもないのに、いろいろと書くことの多い映画。

「ファイナル・デスティネーション」の4作目にもかかわらず、邦題は「ファイナル・デッドサーキット」と、このシリーズ独特のおかしなネーミングルールであが、そもそもも原題からして "Final Destination" の4作目に当たるのに、"The Final Destination" と、こちらもまた妙な具合である。

展開もテンポが良く、大変面白いし、ヒロインのシャンテル・ヴァンサンテンは大変美しいので見ていて楽しい。しかし、シャンテル・ヴァンサンテンそっくりの女優をどの映画で見たのか思い出せないのだが、アメリカでは受ける顔なのかもしれない。シン・シティに出ていたアレクシス・ブレデルに似ているかと思ったが、調べてみるとアレクシス・ブレデルの方がちょっとだけ可愛かった。

主人公の吹き替えがえらく棒読みだなーと思っていたら、実は田中直樹で、あと里田まいとかはるな愛が吹き替えに起用されていて、ネットではちょっとした炎上をしていたのであった。

大変残念な東芝の選択

経営のツケを従業員が払わされるという、大変残念な結果。

西内まりやと高橋真麻は似ている


西内まりやが前々から誰に似ているのかと考えていたが、高橋真麻に似ている。松下奈緒にも似てるな。

映画「アウトロー」を見た

この映画に関して言うと、あまりにもスコポコ人が死んでしまうのが非常に抵抗あった。突如入るコメディみたいなのも違和感が浮き出ている。

そのうちやるとはおもっとったが

わかりやすすぎる。

映画「ドゥームズデイ」を見た

マルコム・マクダウェルを担ぎ出してこの体たらくか?特殊舞台の軽率な行動にも驚くが、装甲車の窓があっさり割れることにも驚き。あんなに簡単に割れるのん?

映画「ドーンオブザデッド(2004)」を見た

ゾンビ映画史上最速ダッシュのゾンビたちは面白いが、馬鹿な仲間が馬鹿な失敗をこれでもかと繰り返し、馬鹿犬のしつけも満足にできない馬鹿娘が場面を引っ掻き回すに至ってイライラは頂点になった。リメイクと言ってはいけない駄作。

映画「REC3」を見た

そういえば「REC」の時から宗教色は強かったなと思いながらも、3はもう別物映画。しかしながら、ハンディカメラを捨てたこともあって、シリーズ中でも遜色のない面白さになっている。
ただ、この二人に関してだけは、ハッピーエンドにして欲しかった。


REC/レック3 ジェネシス スペシャル・プライス [Blu-ray]

映画「マチルダ」を見た

校長が最後までギャグとしか思えない救いようもなく悪いやつなんだけど、突き抜けすぎていて笑える。家族もろくでなしで出口のない状況だが、最後はスカッと爽快なのがいい。けど、あの家族、あれでいいのか?


Matilda [DVD] [Import]

映画「サイレントワールド2012」を見た

ニューヨークが氷河に破壊される異常気象発生。お父さん、お母さん、長男の主人公一家3人はニューヨークにいる娘を救うため行動開始。ところがこのお母さんがとんでもないでくのぼうで、自分で考えもせずに質問ばかりするし、ネガティブ発言で夫や息子を弱らせるばかり。ストーリーは割と気にならなかったが、最高に不快なオバハンであった。

映画「メランコリア」を見た

マックス・エルンストの画集を見るような、耽美的に静かな崩壊の物語。当然ながら万人受するわけもなく、試写会でどんな反応だったのか想像するとなんだか怖い。この映画に関してはキルティン・ダンストの虚ろな表情がすごく活きていると思う。


映画「ゼロ・ダーク・サーティ」を見た

CIA、アメリカ、テロリスト、映画の製作者、それを楽しんで見ている我々。全員間違いなく地獄行きだ。皆平等に罪深い。分かりきったことだが絶対の正義などなく、絶対の悪などない。どうして自分を守るために他人を傷つけて、それは永遠に止まることがないのだろうか。

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」を見た

骨格はよくあるタイプの青春サクセスストーリーなんだけど、オチもなかなか気が利いていて爽やかにできている。しかし、大勝ちしだしたらいちゃもんつけてくるカジノ側って卑怯だよな。

映画「Vフォー・ヴェンデッタ」を見た

どういうわけか今まで敬遠していたのだが、その映像美には感嘆したし、監督がW兄弟と後から知ってさらに驚いた。独裁社会の設定が少々緩めだが、最後まで緊張感の持続するストーリーはすごい。


Vフォー・ヴェンデッタ [DVD]

悪夢としか思えない時計

スイス時計に Apple Watch を組み合わせられるという、冗談としか思えない代物。

both-482x482.jpg

果たして欲しい人がいるのか、こんなもん。

ロボホン

「膿を出し切る」と言ってたくさんの社員をお払い箱にして、挙句このロボット型電話の開発にGOを出したシャープの経営陣。売りか買いか?買うわけない。

151006-c.jpg

この会社の作る品物には歴史がない。出るたび互換性がなかったMZシリーズのパソコン。X68040が出なかったX68000シリーズ。私の先輩は「これが壊れたら名刺が全部なくなる」と言って蓋の割れたザウルスを大事に使っていた。とんでもなく使いにくいBDレコーダー。突然姿を消したメビウス。なにもかも中途半端だ。

新パンテーンシリーズのCMが

なぜか「心肺停止リーズ」と言っているように聞こえる。

new_pantene.jpg

映画「ゾンビランド」を見た

蔓延するゾンビがもたらす社会の崩壊や逃走を描くのではなく、逃走している人物たちのキャラの面白さに焦点を当てる手法が新しい。ただ、女性二人にあまり特徴がなく、特に妹の方が不快な人物像なのが若干の難点。


ゾンビランド [DVD]

映画「ファイナルデスティネーション」を見た

単調な順番殺人カードゲームに陥っていないのが新味。ファイナルデッドブリッジを見るなら必見。


ファイナル・デスティネーション [Blu-ray]
プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR