2016年に見た映画

実は「君の名は」を見ていないのであった...

①デッドプール
悪ノリ気味ながら、芯のあるアメコミ映画。折しもぜんぺんを貫くテーマ曲であるワム!の「ケアレスウィスパー」を歌うジョージマイケル死去のニュースが入ってきた。

②ローグワン
スターウォーズ エピソードIV の10分前までの状況を描いた傑作。特撮や計器類の、40年前の映像への寄せ方がすごい。

③シン・ゴジラ
「ヱヴァ」も作らずに何を遊んでいるのかと思ったら、政治劇の傑作を作った庵野監督に感服。

④ドント・ブリーズ
久々に出た怪人キャラクター。続編はどうなるのだろうか?

⑤ハドソン川の奇跡
冒頭は飛行機好きには応えられない映像。全編を通して監督の冷静な目が光る。

⑥少女椿
がんばったけど、会社を早引けして見るほどのものでもなかった。

⑦マネー・ショート
膨らんだものは必ず破裂する。そろばんづくで賭けに挑んだ人々に拍手。

⑧スポットライト
迫力ある心理描写。でもちょっと日本人には理解しがたい部分があった。

⑨レヴェナント
デカプリオには「ジョン・エドガー」「シャッターアイランド」「インセプション」あたりで男優賞を上げて欲しかった。

⑩あん
もっと上位でもいいと思うが、去年の映画なので。自分自身とてつもなく偏見に満ちていることを知る。

⑪REC4
いったん3でダメダメになったかに見えたRECが復活!

⑫オッド・トーマス
英雄譚なのにもの悲しく切ない。続編に期待。

⑬マイ・インターン
デニーロの役が「元々とても気の利く仕事のできる人」という設定がずるい。

⑭デビルズ・ノット
コリンファースの無駄遣い。彼を法廷の中で活躍させなくてどうする。

⑮百円の恋
成否はともかく目的意識を持って生きる人に意気を感じる。

⑯日々ロック
主人公のへっぴり腰で、せっかくの二階堂ふみが少々もったいない。

スポンサーサイト

どうして女性が女性の可能性を狭めるのか?

白とか明るいグレーのコートなんかいいじゃない。
なんでわざわざ着るものの幅を縮めるんだよ。
こう言う決めつけは大嫌いだ。

やっぱりASKAはやってなかったんや

思っていたとおり、ASKAはやっぱりやってなかったんや。

ask001.jpg

マスゴミ各社はどうするつもりなのかな。テレビでぼろくそ言ってた井上公造やミヤネの言い訳が見たい。

わざとこんな瞬間の表情を使ったり:
ask002.jpg

車を損壊したりしたのである:
ask003.jpg

どうするつもりなのか。

こいうのは食べない方が良いよ

蒸し鶏を作ろうかと思ったが若干めんどくさいので、レトルトの蒸し鶏を手に取り、裏面の材料欄を見て驚いた。

鶏肉、食塩、大豆たん白、乳たん白、卵たん白、たん白加水分解物、加工デンプン、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、甘味料(スクラロース)

bldchn001.jpg

蒸し鶏の材料などというものは、「鶏肉、食塩」もしくは「鶏肉、食塩、生姜、ネギ」くらいのもので、なんだこの大豆たんぱくとか乳たんぱくというのは、そんなもんがどうして必要なのか。

ということで、結局蒸し鶏は自分で作った。

食べログの暴走は続く

未だに食べログトップの画像はそのまんまで、開くたびに飯食ってる連中の画像を見なければならないのである。そのままほっとくと動画になることに気づいたのだが、寿司食ってる女が手皿で食っているのである。(しかも箸で)。いいかげんにしろ。

tblg004.jpg

私は長い間自閉症の人々を誤解していた

過日のNHKスペシャルは自閉症の作家、東田直樹氏の特集であった。彼は他人と対話をすることができないが、彼の母が作ったという QWERTY 型を模した文字盤やパソコンを通して自らの意見を発することができるので、通常はうかがい知れない自閉症者の内面を垣間見ることができる。

自閉症者は他人と対話できないと思い込んでいた私にとっては非常に貴重な驚きであったし、相当に彼らを誤解していたことを知った。電車や公共の場所で見る彼らはガラスに「の」の字をずっと描いていたかと思うと、突然叫び出したり、何事かを繰り返し大声で話したり、突然隣の車両にずかずかと進んでいったり、彼らが途中駅で車両に入ってくると、車内の緊迫感が一気に上昇する。乗り合わせて参ったなと、そんな印象しか無かった。刺されたらどうしよう、そんなことまで思ってしまった。

しかし番組を通して東田氏の言葉を聞く内、外見と内面は全く一致していないことに気づかされた。自閉症の人々は自らの意見を自閉症ではない人々に伝える機能を有していないのだ。しかもそのことは知覚していて、騒ぎを巻き起こしている自分の姿まで明瞭に認識しているという。これはとても残酷な状況だ。「自閉症ではない人々」と、あえて書いたのは「健常者」とか「普通の人」と言う書き方に抵抗があったからで、自分自身を振り返っても決して健常でも正常でもないし、どっちかというと異常者だと思っている上に、なにより「健常」という言い方は、枠から外れた人をなんだか見下したような響きを感じるからだ。

東田氏の文章の才覚は並外れている。「もしも自分が自閉症で無かったら」という仮定のもとに書かれた彼の文章を著作から引用すると:

「まるで、悲しいことなどひとつもないかのように、想像上の僕は楽しそうです。しかし、今ではうらやましいとは思わなくなりました。想像上の僕も、見えないところで泣いたり悔やんだりしていることが、わかったからです。」

と、自閉症では無い空想の自分の向こう側をさらに見つめている。彼の文章は短い中にとても複雑な内容を含んでいて、その文章力は世の人の平均を遙かに上回っている。専門家がごたくを並べても今ひとつスッキリしなかったことが、当事者である彼の言葉によって明瞭になった。自閉症者は物事を分けてとらえることができず、目にとまった出来事、突然想い出した映像に集中してしまい、いわゆるまともな行動ができない、だがしかしそのことを普通に認識している。こんな残酷なことがあるだろうか。せめてそのことを知覚していなければ、なにも苦しむことはなかったのだ。

彼の著作をひとつ買った。「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」というエッセイだ。苦しみを乗り越えた彼の紡ぐ文章は重く、たった一行にものすごい意味が込められていて、一ページ毎に涙がにじんでくる。

全ての自閉症者が東田氏と同じとは思わないが、自閉症者の行動に合点のいったところも多く、非常に貴重な体験だったと思う。


北方領土は返ってこない

プーチン大統領と安倍首相の会談があって、会談は結局平和条約への決意表明にとどまった。

しかしはっきり言って連中に北方領土を返す気は全く無いのだ。なぜなら連中にとってのメリットが全く無いし、なにより戦争で奪われたものは戦争で奪い返すしか無いからだ。

沖縄は帰ってきたでは無いかという意見もあるかも知れないが、単にそれは日本全体がアメリカの支配下にあるので、返すも返さないも全く同じ事なのだ。

そういうこともわかってなくて、本当に北方領土が返ってくるとか思っている大人がいるとしたら嘆かわしい。せいぜい渡航制限の緩和とか、漁業の協定変更とかその辺で終わりだろうな。それもすごい時間がかかってそうなるだけだと思う。

2014_0204web0018.jpg

藤田ニコルとぺこちゃんの区別が付かない

いやまじで。りゅうちぇると藤田ニコルが出て来たらだまされると思う。

pandn.jpg

これはいいアイデア

ブレーキ踏んだら加速するような車は危険。

頭の黒い鼠

って、「世間胸算用」の専売特許だと思ってたら、普通の中国由来の言葉だったのね。

しかしそれをあえて「具体的に誰のことですか?」なーんて聞いちゃうバカがいるんだなこれが。

食べログトップ画面がすごく見にくくなってしまった

本日突然、食べログの画面がすごく見にくくなってしまったのである。

tblg002.jpg

人物の映像がクローズアップされてしまって、肝心の情報が一番上の行にコントラスト低く埋もれてしまっている。

前は下の画のようになっていた。白基調で、こっちの方が遙かに見やすかったのである。食べログを開いて、こんな飲み会やってるような写真なんか別に見たくないのである。さて、何日この状態が保つか見ものである。

tblg001.jpg

映画「イコライザー」を見た

「シネマスケープ」という映画評論サイトがあって、映画を見たら私はそこに感想を書いて、同じものを自分のこのブログにコピペしていたのである。しかし、そのシネマスケープがなぜか機能停止してしまい、回復を待っていたのだが全くその兆候も見えない。困ったものだ...

さて、デンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」を見た。内容はと言うとホームセンターで働く男は元CIA工作員で、一切の消息を絶って市井の人間として生きているのである。しかしながら悪いやつを見るとほっておけず成敗してしまうと言う「必殺仕事人」とか「エクスターミネーター」みたいなお話で、少々内容は残酷なのだがなかなか面白い話であった。

まとめサイトの落とし穴

最近ネットで検索しているとキュレーションサイトの情報が上位に上がってきてめちゃめちゃうっとうしいのである。
たとえば、と、例は挙げないが、信憑性のない記事が結構上がっていたりする。

実のところ私も一時期クラウドワークス経由でキュレーションサイトの記事を書いていたことがあるのだが、元ネタを使って、他の記事と重複しないような工夫をして文章を書くだけの作業なので、書く人は信憑性とか全然関係なく書いているのである。

だから、まとめっぽい記事が検索で引っかかったらすぐに見るのはやめた方が良いと思う。

ttg001.jpg

なんかやってないような気がするんだよなあ、ASKA。

だって家宅捜査で粉が出てこなかったんでしょ?
これ、もしやってなかったら大変だよ。
盗聴はどうかわからないけど、有名人なら日常的に盗撮被害には遭いそうだし。
「ごめんちゃい。サーセン。ははは」ではすまないよ。
プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR