朝のドラマ「まれ」が終わった。最終回もひどかった。

いやー、最後までなんとか見通したがひどいドラマだった。横浜でパティシエ修行するあたりまでは良かったのだが...

・突然ケーキ屋を辞めて能登に帰還
・塗師屋の女将修行
・塗師屋の女将をやったことのない藤吉久美子が教育係として突如登場
・大泉洋が突然失踪
・地元でケーキ屋を開店
・唐突に妊娠・出産
・田中裕子が大泉洋の人生を愚弄する鬼畜紙芝居を作成、幼子(大泉の孫)に読んで聞かせる
・突然女子高生が弟子入り
・男の方の子役がとんでもない棒読み。(他にも言いたいことはあるがやめておく)
・コンクールに師匠の小日向が参加、優勝をかっさらう
・最終回直前で大泉洋がひょっこり帰ってくる
・最終回は結婚式。土屋太鳳のスピーチはこれまでの印象的なセリフをただただ並べただけ
・そもそも、10年くらい経過しているのに、常盤貴子と主演の土屋太鳳が老け感ゼロ

後半からの崩壊ぶり、行き当たりばったりは一体何だったのかと思うが、違和感以外は全く心に残らない不思議なドラマであった...
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR