紀里谷監督と松本監督

私の人生における最悪の糞映画は今のところ四つ:

キャシャーン
デビルマン
ティンカーベル
少林少女

例えば「シベリア超特急」「北京原人」などつまらない映画は数あれど、それなりに見られるところがある。しかし、上にあげた四つは本当にひどい。特にキャシャーンは、あの原作をどうやったらここまでつまらなくできるのか意味不明な映画であった。その糞映画の監督である紀里谷氏が本日放映の「ワイドナショー」に登場して、松本監督と映画について語っていた。日本映画の二大しょうもない監督による豪華夢の共演である。

ちなみに松本監督の「大日本人」「さや侍」については糞映画もへったくれもなく評価外の扱いで、「しんぼる」以降については予告編を見た段階でその色彩感覚のひどさから見る価値なしと思っているので、見てすらいない。

ワイドナショーは好きな番組だが、今日は悪夢のような共演であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR