「関係性」という言葉は実は存在しない

最近「関係性」という言葉を使う人が増えたような気がして非常に気になる。

「関係」という言葉自体が「複数の事項のつながりかた」という「性質」をあらわす概念を含んでいるので、「関係性」と言ってしまうと、ものすごくくどく感じるのである。

「人間性」という言葉は「人間」という存在のあるべき性質あるいは、個別の人物の性質を表す言葉なので普通に存在するとしても、「関係性」という言葉は「特性性」と言ってしまっているみたいで奇異に感じる。

「関係性」という時の気持ちはわかる。「ある人とある人がどんな関係であるのか」という事を、より強調したいのかと思うが、普通に「関係」と言ってしまっても何も変わらないので字の無駄だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR