「タバコを吸うと肺がんになるというのは間違っている」のか?

このオッサンの書いている文章はおかしい

「科学的事実を検証すれば『タバコを吸うと肺がんになるというのは間違っている』ということがわかる」と書いてあるが、この人が言っているのは「喫煙者数3,000万人のうち、肺がん死した人は5万人以下」というのが大きな根拠になっているのである。

でも、下記のようなことも調べなければ科学的とは言えないのではないか?

死者数の単位は何年からの累計なのか、
あるいは一年単位でのカウントなのか、
では累計では何人になるのか、
あるいは肺がん死ではないけど、肺がんが他の部位に転移してそれが原因で死んだ人はいないのか?
タバコを吸う人はもともと享楽的なので、他の病気で死ぬ可能性が高いのではないか?

そういう意味で、このオッサンの言ってることは論拠が弱いし、禁煙論者のヒステリックさを強調してはいるけれども、嫌煙者は決して他人の自由を奪おうというのではなくて、「タバコに汚されていない空気を吸いたい」ということを言っているだけであり、その自由を奪うことはまた喫煙者にもできないから、結果的に環境に影響を与えている喫煙者が配慮する他解決策はないのだということがなぜわからないのかなと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR