関電の前でデモ

最初に断っておくが、私は反原発だ。推進論者では決してない。ただある程度現実との折り合いは必要であろうとは思っている。

昨年の東日本大震災において、日本に50基を超える原発がいつの間にか設置されていたことを知ったときには心底驚いたものである。唯一の被爆国にして地震国の日本に、そんな大量の原発を建設するなんてどうかしてる。誰の許可を得てそんなの作ったんだ?と思った。

しかも地震直後の東京における(無)計画停電パフォーマンス。まるで「原発がなくなったら電気がなくなるんですよ」と言わんばかりの停電ぶりであった。ところが昨夏はなんとか節電で乗り切ってしまったのである。これは原発主催者には大いなる誤算だっただろう。

今度は関電で「実は福井の原発が動いていないと電気が足りないんですよ」と来た。本当に足りないのかも知れないが、あんまり信ぴょう性がないというか、全く政府の言うことなど信用できない。そもそもお上の言うことは一切信じないのが大阪人の信条である。

上島竜兵そっくりのどじょう首相は言った「責任を持って原発再稼働」。原発が事故を起こした場合に責任なんて、取れないでしょ?

いや、もちろん現状の「停止状態」ではただひたすら電気を使って炉を冷却していて、燃料棒は炉やプールの中にある状態だから、運転しているのと変わらない危険な状態であることはよく分かっている。だから、停めておくくらいなら運転している方が実際には電気ができる分ましなのだが、福島のあんなていたらくを見せられれては再稼働に賛成することなどできない。そうするともう結論は廃炉しかないだろう。

資源のない国の政策として原発の技術を開発し、石油代替エネルギーを獲得し、その技術を海外に輸出して立国の材料にしようという目論見もよくわかる。責任だの何だの言わずにそういうことから説明すべきじゃないのか?そういう説明を一切すっ飛ばして「責任」と来た。これは全く信用できない。

このまま黙っていたら、大飯原発を皮切りに、日本中の原発が動き出してしまう。関電本社を破壊しつくすなんて過激なことはしてもしなくてもいいが、まずは何らかの意思表示は必要である。ということで、金曜日の夕方、関電本社前に抗議に行ってきた。抗議活動に参加するなど初めてのことだ。

夕方の6時、結構な人が集まっている。なかなかみなさん気合が入っていて、結構迫力があった。毎週金曜日にはなにかやっているみたいだし、6/30には大飯村ジャックも企画されているらしい。ツイッターでいろいろ情報はあるので、気になる人は是非。10万人くらい集まったら面白いな。

関電前デモ6/22
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR