映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」を見た

いやー、いい意味でも悪い意味でも少女漫画ですな〜。

主演の大原櫻子のか弱さと透明感に反した歌のパンチが非常に良く、彼女なくしてこの映画は成立しないなという印象。

最後に歌う歌は「高校生のラブレターか?」というような稚拙な歌詞ではあるが、ベタベタだけにかえって良かったかも知れない。

しかし 2014年初鑑賞作品がこれになるとは思わなかったな...

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR