浅田真央を必要以上に持ち上げるNHK

ソチ五輪の女子フィギュアスケートのフリー演技を中継で見ていたのである。前日のショートで16位になった浅田真央ではあるが、彼女の最後のオリンピックでの出番ということもあったし、なんとなく見ていた。

確かに彼女の最後のスケーティングは素人目にもすごかった。なんというか良い方に振り切ったような思い切ったミスのない技の連続は気迫そのものであった。

しかし、終了後にアナウンサーや解説者が感動で声を震わせているのは解せなかった。こんなにできるなら前の日にもちゃんと滑ればよかったじゃんとか思ったのだが、「とりあえず感動せねば」的雰囲気が画面から横溢しており実に不可解であった。

翌日もスタジオに浅田真央を呼んでインタビューしていたのだが、必要以上に持ち上げている感じが不思議でならなかった。安易な感動が横行しているような不快感がある。

それよりもコーチ陣はどうして彼女を団体の方に出場させてしまったのか。選手を守るのがコーチ陣の勤めだと思うし、団体戦に出せなんて要求ははねつけるのが今回の最大にして最重要の仕事だと思うのだが、それをしなかったのは怠慢だと感じる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR