映画「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的 」を見た

人がセガール映画に求めるものは、単純なストーリー運びと関節技の連発のはず。しかるにこの映画ではストーリーが異様に複雑な上、最後まで登場する不死身キャラがさらに混迷を深める結果となっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR