MacBookの Force Touch トラックパッドはすごい

Appleという会社はすごい会社だ。なにがすごいかといえば、陳腐化・コモディティ化の極みとも言えるパソコンという品物において、次々と奇抜なアイデアやデザインを投入してくるその開発力だ。

この最近だけでもRetinaディスプレイとか、ポートが一つしかないモバイルパソコンとか、ThunderBolt ディスプレイとか、火鉢みたいなデスクトップパソコンとか、発想力もすごいが、ボツになっているすごいアイデアも結構あるんだろうな。

デルとかヒューレット・パッカードなんかは、もうコストダウンの分野でしかイノベーションを発揮出来ていないが、Appleの場合は更に新たなギミックを上乗せしてくるという驚きを感じる。

今回Appleが発表した新型ノートパソコンに搭載されたのは今までのトラックパッドに代わって Force Touch トラックパッドという、見た目は今までのものと全く変わらないタッチパッドだ。

TrackPad.png

このトラックパッド、物理的にはクリック出来ないのである。クリック感があるし、カチッという音も鳴るのに、実際には動いていないのだ。パッドの端っこでも真ん中でもおんなじようなへっこみ方を感じるのである。実に不思議なインターフェースだ。

「実はパッド自体は動いていない」と言われなければ、おそらく変わったことに気づかないのではないかというくらいよくできたフィードバック感で、パソコンを触ってビックリするなんてことは久々のことである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simon64

Author:simon64
楽天から引っ越してきました。ヨタ話で世界を恐怖のタン壷におとしいれたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR